エクササイズコーヒーは副作用あり!妊娠中・大豆アレルギーの人は注意!

エクササイズコーヒー 副作用 副作用

ダイエットコーヒーとして多くの人が取り入れているエクササイズコーヒーですが、

飲むことで副作用が生じるなどのリスクはないのでしょうか?

 

・エクササイズコーヒーで考えられる副作用

・エクササイズコーヒーを飲むのを注意した方がいい人

についてまとめていきます。

まず結論から言うと、

・妊娠中の人

・大豆アレルギーのある人

・その他病気があり医者にかかっている人

は、エクササイズコーヒーは飲まないことをオススメします。

 

上記に該当しない人は、過剰摂取しない限りは副作用の心配はほぼないと考えていいでしょう。

 

78%OFFで買えるのは公式サイトだけ!▼

エクササイズコーヒーのキャンペーン価格はこちら

1杯あたり33円

エクササイズコーヒーで考えられる副作用

エクササイズコーヒーの副作用を考える上で、以下の成分が入っていることを知っておく必要があります。

・大豆成分

・クロロゲン酸

・L-カルニチン

・コエンザイムQ10

 

大豆成分で考えられる副作用

大豆成分で考えられる副作用としては、「大豆アレルギーの人が摂取した場合のアレルギー反応」です。

大豆アレルギーのある人はエクササイズコーヒーを飲むのはやめておきましょう。

 

クロロゲン酸で考えられる副作用

花王のホームページに記載されている論文によると、クロロゲン酸に関して「軽微で一過性の副作用は認められたものの、飲料として飲む上での安全上の問題はない」とされています。

軽微で一過性の消化器系、もしくは腎・泌尿器系に関する症状が認められたが、最終的に試験責任医師は、試験飲料の過剰摂取は対照飲料以上の安全上問題となる事象は認められなかったと評価した。

出典: www.kao.com

 

つまり、エクササイズコーヒーのような食品に入っている程度のクロロゲン酸であれば特に副作用の心配はいらないということになります。

 

L-カルニチンで考えられる副作用

厚生労働省eJIMによると、カルニチンは過剰摂取をしてしまうと副作用のリスクがあるようです。

カルニチンの補給を約3 g/日の用量で摂取した場合、吐き気、嘔吐、腹部痙攣、下痢、「生臭い」体臭などの副作用を引き起こす場合がある

出典: www.ejim.ncgg.go.jp

 

コエンザイムQ10で考えられる副作用

厚生労働省eJIMによると、コエンザイムはQ10は妊娠中・授乳中の人は使用すべきではないそうです。

oQ10を妊婦および授乳期の女性に使用すべきではありません。

出典: www.ejim.ncgg.go.jp

 

妊娠中・授乳中の人はエクササイズコーヒーを飲むのはやめておきましょう。

 

こんな人はエクササイズコーヒーの副作用に注意!

以上をまとめると、エクササイズコーヒーは

・大豆アレルギーのある人

・妊娠中の人

・授乳中の人

・目安量を大幅に超えた過剰摂取をする人

には、副作用の可能性が否定できないことが分かりました。

 

エクササイズコーヒーは医薬品ではなく食品なので、上記に該当しない限りは基本的に副作用の心配はしなくても大丈夫です。

ただし、何か持病があり定期的に通品している人などは、念のためかかりつけのお医者さんに聞いてから取り入れるようにした方がいいかもしれません。

 

全ての人に共通して言えることとしては、早くダイエットしたいからと言って過剰摂取するようなことは絶対にしないこと!

目安とされている1日1杯〜3杯は守るようにしましょう。(心配な場合は1日1杯で様子をみるのが良いでしょう)

▼初回78%OFFで買えるのは公式サイトだけ!▼

エクササイズコーヒーのキャンペーン価格はこちら

今なら1杯あたり33円

 

 

タイトルとURLをコピーしました